工場勤務のメリットやデメリットを紹介

工場勤務のメリット3選

1つ目は、学歴を問われず入社しやすいことです。高卒や中卒の人であっても求人に応募可能であり、入社後に長く勤務すると上位の役職への道が開けることもあります。2つ目は、未経験者であっても仕事が覚えやすいことです。工場での仕事の多くはライン作業です。一つの工程に複数人が関わって効率的に仕事を進める必要がありますので、作業内容がマニュアル化されているケースが大半です。マニュアルを理解して仕事を覚えたら、効率的に仕事を進めるためのアイディアが湧くことがありますので、思考力を養うこともできます。

3つ目は、対話が苦手な人でも働きやすいことです。作業に必要な会話は行う必要がありますが、人を相手にする営業職等とは違って高度なコミュニケーションが求められるわけではないからです。

工場勤務のデメリット3選

1つ目は、作業が単調になりがちで飽きやすいことです。作業を効率化して無駄を無くすためにマニュアルが用意されているということは、基本的にはマニュアルに従って同じ作業を繰り返すことになります。どうしてもマンネリ化する傾向にありますので、モチベーションの低下につながる可能性があります。2つ目は、慣れないうちは体力的にきつく感じることです。工場での仕事の多くは基本的には立ったまま行います。足の関節や裏側に負担がかかるため、痛みや疲れを感じることがあります。

3つ目は、体調管理が大変なことです。交替制という勤務体系を採用している工場では、一定期間毎に勤務時間が入れ替わります。必然的に睡眠時間帯が変わりますので、時差ボケと同じような状態になり、寝不足になる人もいます。